光明第一保育園の地図

資料書式 プリントアウト

社会福祉法人多摩養育園

和の保育方針

光明保育園新保育方針

 日本にある美しい四季や自然、それを彩る歳時記、豊かな文化や芸能、伝統文化昔から培われ、脈々と受け継がれてきた大切な日本の心。今の日本では、それらが疎かにされ、失いかけているのではないか…

日本人として伝えていくべき「大切なこころ」を一つひとつ守り育み、未来を担う子ども達に伝承していくことを目指して保育方針 和 ~日本の心をとりもどす~ を掲げた保育内容を展開しています。

和の保育方針取組紹介

自然

命

1歳児から幼児組を対象に「食育活動」を行っています。野菜を育て実ったものを食する、イクラを稚魚に育て川へ放流する、その稚魚が大きく鮭となり人間が食すなど他の命により自分たちが生かされていることを知る取り組を行っています。

自然

自然

散歩を多く取り入れることで自然と触れ合う機会を作っています。年齢ごとに歩く距離 の最終目標を設定し、体力をつけていく中で年長の子どもたちは、高尾登山に挑戦します。

静

寺子屋(和室)にて坐禅を行っている。静かに座り、心を落ち着かせることで、
物事に集中して取り組み、じっくりと考える力を養うことを目的としています。
2歳児から各保育室で椅子坐禅をはじめています。寺子屋にて座布を使い本格的に取り組むのは、4歳児の後半から行なっています。卒業するころには15分間座ることができます。

礼節

礼節

礼節

煎茶導を通して礼儀作法を学び、お茶についての知識を得ることができます。
思いを込めてお茶を入れることで、おもてなしの心が自然と育まれます。
また、お客さまに感謝される喜びを感じることができます。

伝統

まつり

まつり

日本の伝統行事としてのお祭りの持つ意味を学び、甚平や半被をきて夏まつりを楽しみます。また、年長の子どもたちは、八王子まつりの子どもみこしに参加し、まつりの雰囲気を味わう事ができます。

伝統

伝統

昔ながらの遊び、かるたやお手玉、けん玉などを地域のお年寄りの方に教えていただきながら楽しんでいます。伝承遊びを通じて地域の方と触れあうひと時を大切にしています。

光明第一保育園

〒192-0055 東京都八王子市八木町8-11

TEL.042-623-3386

社会福祉法人 理事長 足利正哲

Copyright ©2013 Koumyoudaiichi Nursery School. All Rights Reserved.